2008年09月07日

個別株空売りするなら日経先物を売れ

最近株価が下がっているので、個別株を空売りしとけば儲かるという話が増えてきましたね。
でも、私は個別株の空売りは好きじゃないんですよね。
なんでかというと、
  (1) 得するときは売った金額が上限だが、損するときは無制限
  (2) ストップ高になると、損切りしたくてもできない
  (3) 貸株料とか逆日歩とか理不尽なコストがかかる
という理由からです。

(1)「買いは家まで、売りは命まで」という格言によく表れていますね。
個別株の空売りは下げと上げとの非線形性が大きいので、リスクにリターンが見合わない気がします。(この辺はオプション売りも同じなんだけど、空売りにはタイムディケイが無いし。)
こんな株絶対に下がるだろうと思える糞株ほど、急に上がりだすと何倍にも急騰したりするしね。(間違って仕手株なんか空売りするともう大変。saekiさんも昔はこれに嵌ったらしい。)

(2)流動性リスクの話ですね。
自分の損失許容範囲でいつでも損切りできればいいのですが、ストップ高になると損切りの買い戻し注文を出しても約定せず、損失が拡大し続けるリスクがあります。

(3)は説明するまでもなく、空売りには不利なペナルティがついているということですね。
特に逆日歩はいくらになるか分からないので嫌ですね。

それに対して、日経平均先物だと、
  (1) 値下がりと値上がりの値動きが線形に近い
  (2) 流動性が高い
  (3) 売り買い平等
なので、個別株空売りのような欠点がありません

(1)日経平均が急に数倍になる確率は個別株と比べると非常に低いということ。(バブル期と暴落後のリバウンドを除く。)

(2)は値幅制限の最低幅でも2,000円なので、日経平均の値上がりでストップ高になる確率は個別株と比べるとかなり低いということ。(これも、バブル期と暴落後のリバウンドを除く。)

(3)は説明するまでもないですね。

というわけで、私は相場の地合いが悪くて個別株を空売りしたくなるようなときには、日経平均先物(日経225mini)を売ることにしています。
まあ、日経平均先物も安易に売り過ぎると大損しますけど、それは自分でレバレッジ管理をしっかりすれば防げる話ですしね。
posted by ガーベージコレクター at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

投資の失敗から学ぶブログ

最近見かけて面白かったブログの紹介です。

    saekiの日経225先物・オプション生活日記

個別株空売り、新興バリュー株、システムトレード、オプション全力売りよくやってしまいがちな失敗を経て、オプション取引で挽回中のブログです。
失敗を失敗のまま終わらせず、きちんと反省してその教訓を次に生かしているところがいいですね。

忘れてはいけない大原則 〜全ての前に先ず読め〜」を読むと、自分が体験したような気がしてとても勉強になります

最近は自分なりのオプション手法を開発されたようで、このまま利益を伸ばしていけるといいですね

おっと、今見たらすみパパ大先生もコメントを書いていますね。
posted by ガーベージコレクター at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

やっぱり投資信託は難しい

私には投資信託は難しく感じるというお話。

先日、ACさんに教えてもらった投信王の2008春の陣(2008/4/1〜6/30)の賞品が届きました。
内容は、マネークリップと小銭入れとミニ座布団と認定カード。
1,839名中の100位以内だったので、結構うまくいきました。

しかし、うまくいったのはここまで。
投信王のポジションを2008/8/8に見てみると、年間運用益があっさりマイナスに
オプション取引なら、ここ2年間くらい月間利益でもマイナスになったことはないんだけどね。

なんか、投資信託は株式の保有比率を50%以上に保たないといけないとかのルールがあって、利益は平均株価が上がるか下がるかの風任せになってしまっています。
例えるなら、投資信託は風任せの気球で、オプション取引はエンジン付きの飛行機という感じですかね。(まあ、気球は墜落(=退場)しないけど、飛行機は操縦技術が無いと墜落する危険性がある点も似てるけど。)

というわけで、私は投資信託には手を出さずに、これまで通りオプション取引メインでやった方がよいと再認識しました。
あくまで私には向いていないというだけで、投資信託そのものを否定している訳ではありませんので念のため。)
posted by ガーベージコレクター at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

相場の変化に素早く対応する

しばらく更新をサボっていたので、2008年4月から7月までの分まとめて振り返ります。

まず最初に5月限試しにコンドルをやってみたのですが、IVの低下の流れに乗ってこれはなかなかうまくいきました
ここまではよかったのですが、その後は高IVを見慣れてしまったせいで、IVが低すぎるような気がして6月限7月限は売り系のポジションがうまく建てれませんでした。

今振り返ってみると、3月の高IV状態から平時に戻って行っていただけなので絶好の売り場だったのですが、高IV状態に慣れてしまっているとそうは思えなかったんですよね。(野球で例えると、速球を見慣れた後にチェンジアップが来るとタイミングが合わないという感じ。)

ということで、今回の反省点は前の相場に囚われすぎずに、相場の変化に素早く対応できるようにするということですね。
posted by ガーベージコレクター at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

更新再開

自宅の引越でバタバタしていて、すっかりブログの更新をサボってしまった。
家も落ち着いたので、ぼちぼち更新を再開しようかな。
posted by ガーベージコレクター at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

AC杯ファンドダービー2ndステージ終了

AC杯ファンドダービー2ndステージが終了
ゴール前の激しいデットヒートの末、一位はヘンソクキングでした。
やった、今回は賞金ゲットだ。
甘ねぎさん1stステージの雪辱ができてよかったね。
それでは、賞金をもらうためにACさんのブログにコメントの書き込みでも。
posted by ガーベージコレクター at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

AC杯ファンドダービー2ndステージラスト1週間

AC杯ファンドダービー2ndステージもラスト1週間となりました。
現在の状況を見てみると、
ヘンソクが1位、オイルが2位、デンカが3位ですね。
1stステージのように1位がブッチギリという訳ではないので、ゴール直前まで競り合いが続きそう
でも今回は、1位から3位まで全部投票しているのでどれが来てもOK
心情的には、ヘンソクがこのまま逃げ切って、1stステージの雪辱を晴らせるといいかなと思います。
ラベル:オプション
posted by ガーベージコレクター at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

投資とスキーの類似性

ウインタースポーツシーズンが終わる前にスキーネタでも書いておこう。

投資とスキーのどこが似ているかというと、

スキー場で斜度が15度と30度のコースだと数字の上では2倍だけど、難しさは全然違いますよね。(15度なら初中級者コース、30度なら上級者コース。上級者が簡単そうに滑っているからといって初中級者が30度のコースに入ると死にそうになります。)
投資でも例えば利益率15%と30%とでは数字の上では単に2倍だけど、難しさはそれ以上に全然難しくなりますね。(上級者が簡単そうに高い利益率を出しているからといって、初中級者がその利益率を真似しようとすると大損したりします。)

スキーで転ばないように変に頑張り過ぎると却って大怪我したりします。危なくなったら無理せずに転んでしまった方が安全です。
投資でも損を出したくないためにナンピンしたりして変に頑張り過ぎると却って大損したりします。危なくなったら無理せず損切りしてしまった方が安全です。
(スキーは転んだ数だけ上手くなり、投資も損切りした数だけ上手くなる?)

スキーでは初心者が怖いもの知らずのためにいきなり山頂まで行ってしまい、大変な目にあって2度とスキーをしなくなる人がいますね。
投資でも初心者が怖いもの知らずでいきなり高い利益率を求めて大きなポジションを張ってしまい、大損して2度と投資はしなくなる人がいますね。
(スキーも投資も練習しながら少しずつレベルを上げていけば徐々に上手くなっていくのにね。)

まあ、スキーも投資も自分の実力に合わせて、大怪我(大損)しないようにしながら少しずつ技術を磨いて行こう
posted by ガーベージコレクター at 00:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

屑プットオプションが無いじゃん

3月限のSQも過ぎて、次は4月限ということでプレミアムを見てみると・・・
なんと屑プットオプション(プレミアムが一桁のプット)が無いじゃん。
一番外のP9250でも、3/14の夕場の終値で20円。
金曜日の夜のNYが下げたので、月曜日はさらにプットの値段が上がりそう。
私は、生き残り投資には屑プットオプション買が有効でも書いたように屑プットを買うのが好きなのですが、買うものが無いですね。
しかし、休日を入れても残存25日しか無いのにその値段とはちょっと高過ぎじゃないの?
まあ、私は割高なものは買わない方針なので、リーズナブルな値段に落ちてくるまで屑屋は休業しておきます。
ラベル:オプション
posted by ガーベージコレクター at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

案外難しいショートストラングル

オプションの初心者が一番最初にやりたくなるのがショートストラングルですが、これが実は結構難しい手法だったりします。
(ショートストラングル:原資産価格からある程度離れたコールとプットを売る手法。ちなみに、現資産価格に最も近いところで同じ権利行使価格のコールとプットを売るとショートストラドル。)
特に、初心者はショートストラングルでもより遠い権利行使価格で組んだ方が安全だと思うようですが、これが大きな勘違いなんですよね。(実は、遠くで組むほうが危険。)
遠くのショートストラングルはINする可能性が低いので一見安全そうに思えます。
ところが、生き残り投資には屑プットオプション買が有効でも書きましたが、屑プットオプションは年に1、2回ある急落時に簡単に10倍以上になってしまいます。
また、証拠金が遠くのオプションの場合は原資産価格が500円動くと約2倍になるので、2,000円急落されると2×2×2×2=16倍となってしまい、INしなくても証拠金不足になって強制決済というのがよくあるパターンですね。
まあ、強制決済になる前にすばやく損切りできればよいのですが、初心者ほど損切りが遅れますから。
という訳で、初心者にはショートストラングルはお勧めしません。(もっと値動きのマイルドなスプレッドの方がいいでしょう。)

ついでに、オプション売りって儲かりますか?もご参考にどうぞ。
ラベル:オプション
posted by ガーベージコレクター at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。