2007年05月27日

オプション売りって儲かりますか?

今日は日曜日で暇なので、オプション売りについての個人的意見でも書いてみましょうか。
オプション関係の掲示板などを見ていると、「オプション売りって儲かりますか?」という質問が必ず出ますね。
それに対して賛否両論出て結構荒れたりします。

私の個人的な意見を書かせてもらえば、日経225オプションは売りと買いのどちら側でも市場に参加できるので、有利さは売り買いどちらも同じだと思います。
一時的に売りが有利な状況になっても、売る人が増えて結局は売り買いの有利不利が無い価格に落ち着くので。

では、なぜよくオプションは売りのほうが有利と言われるのかの理由を考えると、それは利益が先払いか後払いかの違いのよるのだと思います。

オプション売りは、通常はタイムディケイで利益が出て、後で相場が急変したときに損を出すという利益先払い損失後払いの構造になっているんですよね。
だから、始めてすぐに利益が出るのは当たり前。それを初心者がオプションは売りの方がすぐに利益が出て簡単じゃんと勘違いする訳です。
でも、オプション売りの本当のポイントは、相場が急変したときに如何に対処するかにあると思います。
例えば、普段のタイムディケイは急変時に逃げるための貯金と考えて、急変時にタイムディケイの貯金の範囲内で逃げれれば利益、逃げ遅れてそれを超えたら損失とかですね。
初心者は、その辺が分からずにタイムディケイで利益が出ているとオプションは簡単だと思ってオーバーポジションにしてしまい、急変時に対処が遅れて退場というのがよくあるパターンでしょう。
初心者にオプション売りが薦められないのは、急騰急落に遭った経験が少なく、そこでの対処が難しいからだと思います。

まあ、これからオプション売りをやろうという人は最低、2007年の2/27-3/14、2006年の5月から6月と1月のライブドアショック、2005年の11月から12月の動きは見ておいた方がいいと思います。(あと2001年9月11日もか。)
生き残る投資家になるために、そういう急変があっても大丈夫なようにヘッジしておきましょうね。
posted by ガーベージコレクター at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43066833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。