2010年05月30日

チャットのブラック・ショールズ式とスマイルカーブの話で触れた本

ブラック・ショールズ式とスマイルカーブについて以前にチャットに書いたときに触れた本についてちょっと書いておきます

チャットで最近読んだ本として経済物理学の高安秀樹さんの、

を紹介しました。
この本のp.94の辺りに、
・ブラック・ショールズ式は市場変動の95%を占める小さなゆらぎの部分を近似できるが、一番大事な残りの5%の大きな変動の部分については無視している

・金融の現場ではブラック・ショールズ式をそのまま使っている人はおらず、標準偏差の値を経験に基づいて修正している(リスクを過小評価することになるため)
と書いてあります。
この標準偏差の修正がスマイルカーブになるのでしょうね。
この本は市場のモデル化とかシミュレーションした結果とかについて書いてあって面白いので、みなさんも一度読んでみては。


それからチャットで、当初はスマイルカーブ無しだったが、実際に運用しているうちにスマイルカーブが出てきたと何かの本で読んだ覚えがと書きましたが、それはこの本でした。

こちらの本は、ゴールドマン・サックスのクオンツのエマニュエル・ダーマンが物理から金融の世界に転身したお話の本ですね。
大半はダーマンさんの身の上話で、スマイルカーブの話は最後にちょっとだけ出てくるだけなので、クオンツの生活に興味のある方はどうぞ。


ついでに、チャットで増田さんの本についてガイドブックに例える話も出ていましたが、私の認識だと増田さんの本はハイキングガイドみたいなものかな。
低い山に天気が良い時にハイキングに行くにはその位でいいですが(=低レバで相場が穏やかなとき)ハイキングガイドの知識で高い山に登ったら、ちょっと天候が悪化しただけで簡単に遭難しますよね。
高い山で悪天候(=高レバで荒れ相場)でも遭難しないようにするには、それなりの知識、経験、装備が必要だと思います。
まあ、山登りの本が北アルプス縦走とかエベレストの登り方みたいな本しかなかったら、山登りを始めようという人が相当少なくなってしまうので入門用にハイキングガイドも必要でしょう。(ただし、ハイキングガイドということを認識して読まないといけませんが。)
高い山に登りたい人は、ブログ等で知識を補いましょうね。
posted by ガーベージコレクター at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151598663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。