2008年09月23日

私が屑OP屋になった訳

今回(2008/9/18-22)の反省シリーズの最後は昔話でも。

あれは今を遡ること1年9ヶ月ほど前のこと。
屑OP買い手法も軌道に乗り始めて、そろそろオプション売りもやってみようかと、2007年1月からコール売りを始めたのでした。

当時オプションの裸売り(特にプット)は危険と聞きかじっていたので、レシオなら安全だろうと思いコールレシオ売りをやってみました。
当時はまったくの初心者だったもので、オプション売りはタイムディケイで稼ぐのだからプレミアムが受け取りになればいいんでしょと適当な比率で外側を多めに売っていました。(今から考えるとなんて無謀なことをしていたのかと。)

それでも、始めた月は横々相場でIVがどんどん下がっていき、結構利益が出たわけです。
これで、オプション売りって簡単じゃんと思い2月もコールレシオを売っていった訳ですね。(横々相場の後でIVが下がりきったところを売っているのでとっても危険。)

ところが、コールレシオを仕掛けた後の2月中頃から日経平均が急に上がり始めたのでした。
最初は、日経平均が上がっても内側を買ってヘッジしてあるから大丈夫でしょと勝手に安全だと思っていたのですが、仕掛けたときはIVが最低の時期でガンマとベガのダブルパンチでみるみるデルタがマイナスに傾いて損失が増えていきました。
仕方がないので、ミニ先を買ってデルタニュートラルになるようにデルタ調整をしたのですが、日経平均が上がるとまたすぐにデルタがマイナスになってしまい含み損が増え続けていきました。(今から考えると、デルタヘッジだけしてもガンマとベガをヘッジしないとだめじゃんと分かるのですが、当時は無知な初心者だったもので。)

結局、デルタとガンマのイタチごっこを1週間位続けたあげく、含み損の増加にもう我慢できないと、デルタニュートラルをあきらめ一部コール売りを損切りしてデルタプラスにし、上がればデルタで利益が出るポジションにしたのが2007年2月26日
ところが、次の日2月27日の夜にNY市場がまさかの大幅下落。その次の朝2007年2月28日の日経平均も一気に700円以上の暴落。
デルタプラスに転換して2日後の暴落、みごとな往復ビンタで今月はゲロゲロ大損失とあきらめかけたとき・・・


屑OP買い戦略で買ってあった屑プットがみるみる大噴火
なんとコールレシオ戦略の往復ビンタの損を上回る利益を叩き出して、2007年2月のオプション取引もまさかの月間利益プラスで乗り切れたのでした。

まったく嘘のような本当の話
あれ以来、私は屑OP教の信者になりました

(ちなみに、前の記事で書いたコールレシオ戦略の月間利益マイナスの2回の内1回がこのとき、もう一回が今回です。それから、コールレシオ戦略の年間利益も、リスクパラメータを勉強し直しエントリーと比率の調整を慎重するようになったので、その後このときの損失を取り返し、2007年のコールレシオ戦略のみの年間利益でも、少しプラスで終わることができました。)
posted by ガーベージコレクター at 23:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。上級者と紹介されて少し気恥ずかしいです。
2007年2月、懐かしいですねぇ。私はカバードコールでベガ&ガンマのダブルパンチを食らいました。(^^;
Posted by 義経 at 2008年09月24日 19:48
コメントありがとうございます。
今回の急騰でも大丈夫なように、ちゃんと備えができているというのは上級者だと思います。

2007年2月は義経さんでも食らいましたか。
2007年2月28日の急落は強烈でしたからねぇ。
オプション道場のボラティリティチャートをみると、あの時が高IV時代への転換点だったみたいに見えますね。
Posted by ガーベージコレクター at 2008年09月25日 01:10
始めまして。ヘッポコOPトレーダーの甘ねぎと申します。以後お見知りおきを<(_ _)>
>2007年2月28日
私もコールレシオで退場寸前まで追いやられました^^; 
27日夜のシカゴを見てリアルゲロを吐いたのも良い思い出です(笑)
つくづく生き残ってナンボですねぇ(  ̄- ̄)トオイメ
Posted by 甘ねぎ at 2008年09月28日 19:51
追伸
よく考えたらACさんの所で何度もお会いしてました。
全然「始めまして」じゃない・・・
失礼致しました<(_ _)>
Posted by 甘ねぎ at 2008年09月28日 19:53
> 甘ねぎさん
コメントありがとうございます。
AC杯2ndの優勝者ですよね。
みなさん過去の経験を糧にして現在があるということで。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ガーベージコレクター at 2008年09月28日 20:27
こんにちは。
2007年2月は、私もコールレシオでやられましたね。
その後の3月暴落時の研究として、私のブログに載せていたのが、今でいうカレンダーバック(当時は変則カレンダーの亜流として載せていましたが)です。
で、その後も、レシオの研究はしていましたが、どうもコール側はレシオが組みにくいというのが今の私の結論です。これが正しい答えかどうかはわかりませんが、で、ダイアゴナルとしているわけです。ジリ貧もジリ上げも暴落も暴騰もOK、唯一怖いのはボラドロップですが、まぁ、これで、死ぬことはありませんから。
Posted by すみパパ at 2008年10月02日 21:31
> すみパパさん
コメントありがとうございます。
2007年2月は同じパターンでやられた人が多かったみたいですね。
急変でも死なないポジにするポイントはベガロングにすることでしょうか。
それから、コール側がレシオを組みにくい一番の原因は何だったのでしょうか?
もしよろしければ、教えていただけますか?
Posted by ガーベージコレクター at 2008年10月03日 00:19
急変で死なないポイントは、まずはガンマ、次にベガです。
コールで恒常的にレシオが組みにくいのはスマイルの特性に起因すると思います。スマイルは常にプット側に歪んでいます(レフトスキュー)。で、相対的にコールのOTMはプットのOTMほどIVが高くありません。よって恒常的レシオを”ガンマフラット気味に”組むのが難しくなります。ここで無理に売り枚数を多くしてしまうと、暴騰時にガンマとベガの双方でやられてしまいます。
Posted by すみパパ at 2008年10月05日 08:04
> すみパパさん
詳しいご説明ありがとうございます。
レフトスキューのためにガンマフラットにするのが難しいというのが原因なのですね。
確かに、エントリーの時に調整してあっても、原資産価格の変動でバランスが崩れやすいですね。
勉強になりました。
売りを多めにして急騰にやられるというのはまさに今回のパターンです。
今後注意したいと思います。
Posted by ガーベージコレクター at 2008年10月05日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107042011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。