2010年06月13日

屑オプションの定義について

生き残り投資には屑プットオプション買が有効」の記事で書いた屑オプションの定義で少々誤解を与えたようなので少し書いておきます。

あの記事では、「屑プットオプションとはプレミアムが一桁のプットオプションのこと」と一般的な定義のように書いていますが、あれはあくまでこのブログでの定義なんですよ。
このブログでは屑オプションについて書くことが多いのですが、その度に説明を書くのが面倒だったので勝手に定義しておきました。(誤解してしまった方、ごめんなさい。)

で、一般的にいうと「屑オプション」には決まった定義は無いです。
その人がSQ日には紙屑になると思っているオプションを「屑オプション」と言っているようです。(極端な例だと、オプション太郎さんにとってはプレミアム100円以上のオプションでも屑オプションだそうです。)

とはいえ、プレミアム一桁には何も根拠が無いかというとそうでもなくて、
・あの記事を書いた当時(2008/1/20)プレミアムの刻みが今とは違って、10円以下は1円刻み、10円以上は5円刻みと10円を境に大きく異なっていた

掲示板等で「プレミアム一桁の屑オプなんか売るもんじゃないよ。」という意見が多かった
という理由があったので、このブログではプレミアムが一桁のオプションを「屑オプション」と呼ぶことにしました。

まあ、プレミアムが一桁のオプションが屑オプだということについてはほとんどの人が同意してくれるでしょう。
でも、逆は必ずしも真ではないので、プレミアムが二桁以上のオプションを屑オプと呼んでいたからといって、それを間違いだとは言わない方がいいです。
(ちなみに、チャットではプレミアムが一桁のオプションは「ロリ」と呼ぶようですが、チャット以外でその用語を使うのも気が引けるしね。)
posted by ガーベージコレクター at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。