2008年01月20日

生き残り投資には屑プットオプション買が有効

荒れた相場が続きますね。
こういう相場では、保険としての屑プットオプション買のありがたさが分かります。(屑プットオプションとはプレミアムが一桁のプットオプションのこと。)
私は普段から屑オプションを買うようにしているので、こういう荒れ相場でも安心して見ていられます
生き残り投資を目指す方には普段から保険として屑プットオプションを買っておくことをお薦めします
ちなみに屑プットオプション買のおかげで、2007年8月と2月末の暴落、2006年の5月〜6月の暴落、2006年の1月のライブドアショックの全部の月で月間利益プラスで乗り切れました
上記の全てで屑プットオプションは10倍以上になっています。(要するにこの2年間で1/6以上の確率で10倍以上のリターンがあったということですね。)
ただし、普段はSQで紙屑になるので、買い捨てるつもりで買わないといけません。(それが名前をガーベージコレクターにしている理由だったりします。)
それから、途中で10倍以上になる場合でも、欲張ってSQまで持っていると紙屑になる場合が多いので、適当なところで利確していく必要はあります。
このあたりに注意すれば、生き残り投資には普段から(暴落してから買うと既にIVが高くなっていて、あまり割が良くなかったりするので。)屑プットオプション買っておくのが有効だと思います。
posted by ガーベージコレクター at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

AC杯ファンドダービー1週間経過

AC杯ファンドダービー開始から1週間たったので、賭けたファンドの経過を見てみると、
コンドルハトンデイク 2位
シャンハイドラゴン 3位
オイルマネー 7位
ヘンソクキング 11位
ネイキッドガイ 12位
(12ファンド中)
となっていますね。
コンドルは順当、ヘンソクはやや不振、ネイキッドは今の順位は関係なしというところでしょうか。
それにしても、1位のデンカノホウトウ(バックスプレッド)は強い
最近ACさんがバックスプレッドに弱気な発言をしていたので、今回のダービーでは賭けなかったのですが、ちょうどファーOTMのIV上昇のタイミングにバッチリ当たったようです。
さすが主催者の貫禄というところですか。
現在はデンカノホウトウがブッチギリ状態ですが、着実なセータ取り系のファンドがどこまで迫ってくるかが今後の見所ですね。(ウサギとカメの戦い?
この先まだ3ヶ月もあるので、株価の下落が落ち着いてファーOTMのIVが下がってくるようなら、まだどうなるかわからないでしょう。
posted by ガーベージコレクター at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

自分に向いていない手法はやらない

オプションのSQ前日にオプションのデイトレをやったら負けてしまった。
スイングは結構勝てるんだけと、デイトレはどうも勝てません。(要するに瞬間的な判断が苦手なんだよね。)
走るのでも短距離向きの人と長距離向きの人がいるように、トレードにも人によって手法の向き不向きがありますね
生き残る投資家は損失を減らすことが大事なので、自分に向いていない手法はやらないようにしよう
posted by ガーベージコレクター at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

AC杯ファンドダービー

ACさんのブログで、AC杯ファンドダービーという面白そうな企画をやっていますね。
ちょっと参加してみようかな。
posted by ガーベージコレクター at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。